足の冷えを感じやすい方の生活習慣の改善ポイント

何枚も重ねて靴下をはいているのに、足が氷のように冷えてつらい症状はありませんか?
暖房機などで温めても、足先が温まらずに冷たいままという方は、下半身の血流が滞っているのが原因かもしれません。

 

冷えを感じやすい方の中でも、足の冷えで悩んでいる方が圧倒的に多い傾向がありますが、年齢が進むと全身の血液を送りだす心臓のポンプの力が低下するので、全身に血液が行き渡らなくなり冷えやすくなると言われています。

 

衣服で冷え症対策

温めているのにいつも冷たいと感じる足の冷えは、足が冷えていると感じる前から、靴下やレッグウオーマー、カイロなどを使い、足を保温することです。
足を締め付けると血流が悪くなってしまうので、ゆったりとしたデザインのもので、シルクや木綿などの天然素材のものを選ぶと良いでしょう。

 

外部からじっくり温める

冷えてしまった足は、42℃くらいのお湯で足湯をしたり、湯たんぽでじっくり温めて下さい。外から熱を与えることで、血行を促すことができると言われています。

 

また、足首の周りには脂肪が少なく冷えやすいので、足先の血行が悪くなり、足先が冷たくなります。足先の冷えを取るには、足首を集中的に温めることもポイントとされています。

 

運動・ストレッチを取り入れた冷え対策

毎日、定期的にウォーキングやストレッチなどの軽い運動を取り入れることでも、血行も良くなりますし、体を温めるのにおすすめされています。

 

 

関連ページ

お風呂
お風呂でしっかりと体を温めることは冷えやすい体質を解消するのに役立ちます。冷えやすい方が意識したい入浴のポイントについて解説しています。
仕事先・オフィスでできる冷え対策
仕事先・オフィスでできる冷え対策について解説します。
運動法
冷えやすい習慣を改善するのにおすすめの運動法をご紹介しています。